スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GCB、新カードに夢をのせて(妄想編物語り)

それは単純な任務のはずだった・・・
【敵のGCB軍事施設基地を攻撃する為の場所の特定】
こまかく言えば、接収後利用できる機器・資材のある建物は
残しておいて占領戦闘時に邪魔な敵兵のいる建物だけを攻撃する為の
詳しい座標の特定・入力である


○○×△年某月某日、某所

「しっかし、こんなへんぴな所の工場なんて空爆しちゃえば簡単なんすけどねぇ~」

とチームの3番手、コールレア3のF-15軍曹がこの任務に向う途中の兵員輸送機能も
備えた改良型ホバートラックの中で軽口を叩く

「何をバカな事を!この厳しい戦況の中で使える物は敵の物でも使う、
 そういう意図があるから一部の建物を壊すんじゃぁないか、少しは考えろよ!」

とチーム2番手、コールレア2のマクガイバー曹長がしたり顔で真面目に吠える。
それを小難しい本を見ながら隊長のコールレア1、ハインケル中尉がニヤニヤして
本の隙間から覗いている、小難しい本は読む為ではなく隊員の手前ちょっとの見栄と
隊員の様子を伺う為の小道具として活用しているのを私は知っていた。
その様子をこの狭苦しいホバトラのさらに狭い片隅でひざを抱え座りながら目を
キラキラ輝かせ見ているのは先日配属されたばかりのコールブービー
クワトロ一等兵、まだ本当の戦場を知らない期待に胸いっぱいの新兵さんだ、
先輩兵の武勇伝?や作戦のブリフなど何にでも興味があるらしい。

「それにしても珍しいですよね?ハインケル中尉、あのユウ・S少将直々に
 連絡があって今回の任務が任されたんですって?」

これに割って入ってきたのはこのホバトラのオペレーター、コールスカルアイのスカル少尉。
(スカルという名前が非常に気に入ってるらしくコールサインにまで名前を入れている)

「あのユウ・S少将って司令官連中の中でもちょっと異色の人ですよねぇ?」

と、内状は何でもご存知という顔でさらに質問を投げかけてから運転に集中し直す。

「うん」

本の上から上目使いに目を出しながらハインケル隊長が続ける

「ちょっと古い知り合いでさぁ、なんか他の人には任せたく無いらしくってさ」

「へぇ~、隊長凄いっすね~、少将さんと知り合いなんすかぁ~?」

「まぁね~♪」

とVサインを出す隊長。
隣でこのF-15軍曹の言葉遣いに少々苛ついてるマクガイバー曹長が
大きく「ゴホンっ」と咳をした。
このやり取りを一番後ろで見ている私は整備主任のカズ軍曹。
普通の整備主任は戦場についてきたりはしない、が私は前線での簡単な作業でも
隊員達の生存率が上がるのならと隊長に無理を言ってついてきてる、
そして何よりこの人たちが好きなのである。
この部隊は実に面白い、愉快、なのである。



やがて隊長が腕時計を見てスカル少尉に少々の言葉を投げかけ位置の確認をした

伸びをしながら

「ん~そろそろ準備始めようか^^」 

サッと動き出すレア2とレア3、パパパっと準備を完了し元の椅子に戻った

現在我々は軍事施設基地へ続く数本ある道のうちの1本の途中にいる
周りは林で、隠れるのにはもってこいの場所だが敵側からすれば
我々が進軍してくるとすればここしかない、と警戒も厳重にされる
最たる場所でもあった、林の中にカモフラージュ布を被せてはいるが
なぜこんな所にと少々不思議な気もしていた
ただ隊長のやる事はいつも何か意味があった

「では行きますか、ブービーはここでスカルアイと支援ね」

「じゃあカズさんもここでよろしく」

私に掛ける、いつもの隊長の言葉である、私はニコっと笑みを返す。

今回は斥候任務のようなものなのでモビルスーツは使わない、人間だけの任務
3人で軍事施設基地の見える所まで行って四方からGPS機能付レーダーを建物に照射し
位置を特定・座標をこのホバトラに送る。写真を撮影し照合して破壊対象を決める
それが今回の任務で、この部隊の経験からすれば簡単な任務だった。
そして無事にレーダーを照射し座標も送られ任務は終りを告げる、はずだった・・・

建物から1台のトラックが飛び出した、それを見た瞬間ハインケル中尉の
目の色が変わった!明らかにそのトラックに何か特別の思いがある、
その目はそう物語っていた。

「こちらレア1、え~と、ちょっと野暮用できたので任務続行します」

ホバトラに響く隊長の声に呆気に取られる3人、ハインケル隊長の両脇の2名も
意味がわからずキョトンとしていた。

「穴ぐらの狐(ユウ・S少将の別名)から別途特命を受けてます、
 あの型のトラックを見つけたら追って手に入れろと。
 スカルアイ、そちらにトラックが向います足留めをお願いします。
 火器の使用は厳禁です」

「了解」

トラックがこの道へ来る?なぜこの危険な道を選んだのか、それはこのトラックを
発見し別命を成す為に必要であり、このトラックがここを通るのだと
ユウ・S少将から聞かされていたと今さらながらに理解した。
簡単に返事をするとスカル少尉はクワトロ一等兵に手順をつたえ
トラックを手に入れる為の準備に取りかかった。
クワトロ一等兵は一瞬身震いをしたがすぐに軍人の目に変わった。
やがてトラックが見えてきた、
至極単純ではあるがクワトロ一等兵が道ばたに倒れていて
それを不審に降りてきた敵をスカル少尉がやっつける、一見単純で引っ掛かるやつは
いないように思えるが戦争という特殊な状況下ではこれが結構ハマる。
ほんの数分、いや数秒で事は終わった。
敵兵三人をアッと言う間に黙らせたスカル少尉も
並み大抵のホバトラオペではない事を物語る、少尉という1個小隊任せられても
不思議ない階級の者がホバトラのオペでいる事自体おかしな事なのだ。

「こちらスカルアイより、レア1へトラックの奪取に成功しました」

簡潔に結果報告を入れるスカルアイ、それを服の汚れを払いながら見ている
クワトロ一等兵の目はより一層輝きを増している

「了解~♪」

なぜかちょっとワクワクしているような隊長の返事に違和感を覚えつつ
トラックをホバトラのそばに移しカモフ布を被せて隊長達の帰りを待つ
やがて隊長たちも帰陣してきた。

隊長はひとりトラックの荷幌の中へ入って行く、ひょっこりと顔を出す隊長
その顔は満面の笑みにこぼれていた。
我々は全くもって意味がわからなかった

「みんな見てごらん♪」

我々はこんな敵基地近くでと思いながらも、辺りを警戒しながらトラックの
荷台へ上がり積み荷がなんなのかを確認した。

「隊長!!!これは!!!」

「うっひゃ~!マジっすか!?これって!!!」

「そう♪GCBの新カード♪」

「うっわっ!?カスペンにカスペン専用ゲルググ~!?」

「大気圏で燃え尽きたクラウン!?それにそれに~!!!あれもこれも~!!!」

「これであと3年はビルダーであそべるヨン♪」

「少将からの別特命でこれだったんですか?」

「そう♪あそこの軍事基地で新カード作って敵軍の前線に出してるようだから
 斥候任務の先陣の俺達が駄賃代わりに奪い取れ!ってね、るん♪
 それで少し俺にもよこせって少将が言うんだよね~♪」

「だから余計な物は壊さないように位置特定が必要だったんすねぇ~!
 接収後はじゃんじゃん新カード作って世に出せますね!」

隊のみんなが興奮する中で一番喜んで興奮していたのはこの状況を後ろで見ていた
他の誰でもない私であることをみんなは知らない。



チャンチャン♪
とまぁ皆さんが希望する夢を妄想を戦争編で叶えてみました
戦闘シーンのない超短編戦争小説w
戦闘シーンは書くの難しいので概要・状況だけでお伝えしました。
あ~ほんとに新カード追加とかならないかなぁ~と
これを書きながら悶々としてしまいました
しかも皆さんの名前をお借りしてw
勝手に名前を使い、勝手に人格形成してしまって申し訳ありませ~ん(笑
ほんとうはこれまで関わってきた皆さんのお名前を使って小説でも書いてみようと
思ったのですが、とんでもない長編になりそうだったので超短編で・・・
全員出すとガンダム1作品出来上がっちゃうよね~w
勝手に名前と人格をいじらせて頂いた皆様には深くお詫びと感謝の念を
特にクワトロさんはひざ抱えて座らされたり、道に寝転んだりと散々な扱い・・・
ありがとうございました!

また次回・・・えっ!あるの?いや無理無理!
頭・耳・目・鼻・口から煙が出てますよわたくし・・・


テーマ : 機動戦士ガンダム0083カードビルダー
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

いやあ、なんか私だけ将官にしてもらっちゃって悪いですね^^
クラウン使って初期のシャア隊組織して大気圏でロマンホワイトベース隊を急襲したいですねw
GCBの戦力で考えたら絶対シャア隊有利でしょw
土曜日の妄想静岡攻略戦では小説のように上官や部下でなく、ユウとクワトロは敵兵としてカズさんたちを迎え撃ちますぞw2週間前は10戦クワトロさんと店内、1週間前は3戦全国とこちらはリハビリ完了ですからね♪

私を使ってくださるとは・・・恐縮です(^^;
職場では本文のような性格ではなく、どちらかというと高田純次タイプだったりしますw
第2弾を楽しみにしてますねw

新カード出して欲しいですよね~。
素材は沢山あるんだから、頑張って欲しいです。

マイドンですw

いやああ~~w初主演の映画を見るアクターの気持ちが判る恥ずかしさだYO!
なんとも照れてしまいますたw
結構重要なキャラ???死亡フラグを感じてしまいますたww
今日はスザマジイ睡眠不足で時報終わったら即帰宅でした、、、
又のマッチを期待してますw

こんばんはぁ

和毘・・・いや、カズさんか(笑)
私を使っていただきありがとうございます!!

次回作にも期待したい所ですが、カズさんに変なプレッシャー?かけたくないので
また書きたくなったらですかねv-411

ブラ三はようやく3つ目の拠点を作りました(^^)

カズさんにこんな才能があったとは・・(;゚д゚)
続編に期待します!
第43話「脱出」まで妄想するのもいいかもしれませんw
みんな生き残れるのか・・

時報マッチ日は色々とゴタゴタとしてしまい参戦出来ずに残念でした
でも時報マッチ日の夜に東部で30クレやってきました
完全にイセリナ様がエース固定になってます!
勝率?階級?なにそれって感じでやってるので最近楽しいですよ( ^ω^)

コメントのお返しで~す!

ユウ・Sさん、こんばんは!
いやぁ~^^直接司令出せるのは少将辺りで適任はユウ・Sさん
かなぁ~と思いまして。
まだまだカード化できるのはたくさんあるのですがねぇ~・・・
時報マッチは大変な中ご苦労様でした、1戦マッチ出来たので
楽しかったです!また今度時間がある時ゆっくりやりましょう。
こちらのラルに入れたフルスロが全然役にたってなかったので
普通にオプブにすればよかったと・・・;


マクガイバーさん、こんばんは!
なるほど、なるほど、マクガイバーさんは高田純次タイプなんですね?
次回!?脳みそと相談し考えてみますw
新カード、まだまだほんとにたくさんあるんですけどね。。。
バンダイとセガの合併が失敗になったのでもうどうしようも
無いんですよね~、バンナムがwiiとかで家庭用ビルダー作るなら
なんとかなるんでしょうが、そんな頭バンナムにないでしょうから;


ハインケルさん、こんばんは!
えぇ~主役として大抜擢!?これで一応デビューはした事にwww
主役は死なず!まだまだ大丈夫かと。。。
時報マッチお疲れ様でした、隣でギロロさんとマッチしたのを
見てました。今回はマッチせずでしたが週末出てる時は
お気軽にフッとメールを入れてみて下さい。


クワトロさん、こんばんは!
いや~新兵でだしちゃってスイマセン;しかも子供のように
座らせたり、寝ころがせたり・・・
変なプレッシャー!?すでにビンビン伝わってきてますがw
ブラ三は私は4つめの拠点をどうするか思案中です
まわり囲まれてるのでどうしようかと、放置城に攻めてその先に
進むか検討中。


F-15さん、こんばんは!
才能!?ないッスよ、適当に書いてみただけですから(笑
全員出して1作品作っちゃいますか!?でも戦闘シーンは
別な人にお任せしないと難しいですね;
東部で30クレですか!?あの日私も夜もう一度行ってみようかと
思っていましたが寝てしまった;
ところで東部、、、ちょっと危険な感じです、スターターパック
以外が全部売り切れでIC買いたかったのですが無くてギロロさんが
店員さんに話したらIC出してくれました、そのとき夏までに
どうするか検討中みたいな話しだったそうです;;;

プロフィール

カッタ

Author:カッタ
ドラクエⅩプレイヤー:カッタ

GCB在りし日のIC名
連邦IC : カズ
ジオンIC : K.T.T.A

最近の記事
コメント
お気に入り
カテゴリー
アクセスカウンター
ブログ内検索
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。